知育玩具のサブスク

成長に合わせて使えるサブスク知育玩具とは

これらの知育玩具を利用してみよう

生まれたばかりの子には

ちなみに、知育玩具は一体何歳ぐらいのものから存在しているのでしょうか。

なんと、生まれたばかりの子どもさん用からあるのです。
どんなものなのかと言いますと、頭上で回るベットメリーなどがそれに当たります。
やはり最初のころは、音が鳴ったり動いたりするのが好きでしょうしね。

それから少し成長した数ヶ月後から一歳くらいの子どもさんには、手でつかんで遊べる積み木なんかを与えるのがいいでしょう。
さらに大きくなった二歳から三歳ぐらいの子どもさんでしたら、お絵かきや作ることに興味が出てきますからお絵かき道具や粘土あたりを使わせてあげましょう。
どのおもちゃも、創造力や集中力を養うのにベストの知育玩具とよく言われていますので、是非とも遊ばせてあげてください。

そこそこ大きくなったら

前出の年齢からさらに大きくなったら、知育玩具の幅も広がっていくようになります。

四歳から五歳ぐらいになったら、文学やスポーツに興味を持ったり近所のお友達と遊んだりするので一気に世界が広がっていきます。
なので、ちょっと毛色が違う知育玩具を与えてみるのがいいでしょう。
例えば、絵を使ったパズルやボードゲームあたりですね。
これらは一人でというよりどちらかというと大人数で遊ぶものなので、お友達とはもちろんご両親や親戚といった大人たちとも一緒に遊べるという楽しみも出てきます。

そして六歳になったら、いよいよ小学校の入学を控えてます。
そのため、本格的な勉強につながる地球儀や英語もしくは漢字を利用しているパズルなどがいいかもしれませんね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る